今人気の今治タオルの特徴

今治タオルの特徴は、吸水性で、ほとんどのタオルは、一番最初に使用する場合、一度洗濯してからでないと、なかなか水を吸わないのに対し、今治タオルは、最初に洗濯せずに利用できるタオルで、柔軟剤をしようして洗わないタオルというのも特徴となっています。



今治は、高縄山系を源流とする伏流水や地下水など、重金属が少なくて、硬度成分も低い、良質の水が豊富にあり、軟水を用いて製造しているため、繊維に優しい仕上がりとなり、柔らかな風合いや色が表現できます。
タオルが日本に入ってきたのは、明治5年で、イギリスから輸入されました。

minp!がオススメです。

当初は、顔や体を拭くというものではなく、マフラーのように首に巻いて使用されていました。
その後、現在のように、浴用として使用されるようになりましたが、一時期価格の安い外国産のタオルが出回るようになり、今治タオルは苦戦を強いられたこともあります。

現在は、本来の綿が持っている柔らかさや吸水性を引き出す製法で作られている今治タオルが見直され、贈答用としても人気となっています。

今治タオルの特徴は、なんといってもその吸水性にあり、タオルが水中に沈み始めるまでの時間が5秒以内という基準をクリアする必要があります。

明治27年に、今治のタオル製造の歴史が始まり、機械の開発によって、大衆向けのタオルの生産が可能となり、大正時代になるとシャガード織りのタオルが開発されるようになりました。
現在は、コンピューターを導入することで、大量生産も可能となっています。